Hondaモータースポーツ活動計画が発表されました

Super Formula

12月12日、2023年のHondaモータースポーツ活動計画が発表されました。
B-Max Racing Teamは、全日本スーパーフォーミュラ選手権に2台体制で臨むこととなり、50号車は引き続き、松下信治選手が、51号車はフォーミュラ・リージョナル・アメリカ(FRA)のチャンピオンで、米国のホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)のスカラシップを獲得したラルフ・ハイマン選手がドライブします。
また、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の育成ドライバーとして、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に2年目となる木村偉織選手が参戦します。

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

No. ドライバー 年齢 国籍 2022年戦績
50 松下 信治
(マツシタ・ノブハル)
29 日本(埼玉県) SF13位
51 Raoul Hyman
(ラウル・ハイマン)
26 英国 FRAチャンピオン

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)

No. ドライバー 年齢 国籍 2022年戦績
50 木村 偉織
(キムラ・イオリ)
23 日本(東京都) SFL3位

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP