HFDPドライバー育成事業を拡大

Super Formula Lights

2024年シーズンはHFDPドライバー育成事業を拡大

B-Max Racing Team(チーム総代表 組田龍司)は、スーパーフォーミュラ・ライツ選手権において、2022年から携わってきたHFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)のドライバー育成事業を、2024年はFIA-F4選手権にも拡大します。
これにより、ホンダ・レーシング(HRC)が進めるドライバー育成の、国内レースにおける初期からトップカテゴリーに繋ぐ過程で、B-Maxが関わることになります。
今シーズン、HFDPドライバーとして参戦する彼らの活躍にご注目ください。

■全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)

チーム名 No. ドライバー 年齢 2023年戦績
国籍
B-Max Racing Team
(ビーマックス・レーシングチーム)
50 小出 峻
(コイデ・シュン)
24
日本
(大阪府)
SFL
シリーズランキング
3位

■FIA-F4選手権(日本)

チーム名 No. ドライバー 年齢 2023年戦績
国籍
HFDP WITH B-Max Racing Team
(エイチエフディーピー ウィズ ビーマックス・レーシングチーム)
TBA 野村 勇斗
(ノムラ・ユウト)
18
日本
(愛知県)
FIA-F4
シリーズランキング
4位
TBA 洞地 遼大
(ホラチ・リョウタ)
17
日本
(愛知県)
HRS Formula
スカラシップ獲得
(次席)

組田総代表コメント
「B-Maxレーシングチームの目標として、参戦カテゴリーにおけるチャンピオン獲得はもちろんですが、もうひとつの柱として、将来のモータースポーツ界を担うドライバーや人材の育成を掲げています。SFライツに続いて、FIA-F4においてもHRC様と協力関係を築けることは、大きな責任を感じつつも非常にやりがいを感じています。彼らの夢の実現のために、また当チームを巣立ったドライバーが世界で活躍することを期待し、使命感を持って全力でサポートしたいと思います」

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP